神社で御朱印をもらおう!これから神社めぐりを始める方へ

御朱印

初めての御朱印帳を買って、もうすぐ3年

人生初の御朱印を、1ページ目を、どちらの神社でもらおうか悩みどころだったなぁ

結局、毎年初詣に行っている新潟総鎮守 白山神社に

スタートは人生の節目かなと感じた年の誕生日!

まずは、神社選び!

インターネットで『行きたい地域の名前』『神社』『御朱印』でリストを見て、インスピレーションで選ぶのも良いし、ご利益で選ぶのも良いし、御朱印のデザインで選ぶのも良い!

お詣りする神社を選んだら

  • 神社の場所と駐車場の有無
  • 社務所の受付時間
  • お賽銭と100円玉

勇気を持って鳥居をくぐるタイプの駐車場もわりとある!

朝9時からか10時からなのか 案外大事!お昼どきは閉まってたり、15時には閉めてしまう所も。(親切に貼り紙があればまだ良いけれど)

御朱印料は300円〜500円が多い。都道府県や市単位の地域性がなんとなくある。おつりのないように用意しておこう。

持ち物

  • 御朱印帳…受付では書いてもらいたいページを開いて渡そう
  • ハンカチ…手水舎で手や口を洗いだ後に困らないように
  • 小銭入れ…お賽銭や初穂料をスムーズにだせるように
  • 御朱印帳サイズのクリアファイル…書き置きの御朱印や由緒書きの保管用

書き置き…予め神社で用意してある御朱印を書いた紙

直書き…御朱印帳にかいてもらう御朱印

その他 気をつけること

  • 歩きやすい靴(長い階段やぬかるんだ参道対策)
  • 御朱印帳バッグがあると便利(手を洗ったり、合掌したり、傘を持ったり…両手が空くのがベスト)
  • 参道のど真ん中をずかずか歩かない
  • 御朱印をもらうのは、お詣り後が原則
  • お詣りの仕方がわからない時や知りたいことは神社の人(宮司さん)に聞いてしまおう
いろいろ使った結果…DAISOで200円のバッグに

書き置きの御朱印は、御朱印帳に貼ろう!

初めの頃は、両面テープを使ってたけど、今はスティックタイプの糊を使ってます!テープ糊も良いと聞くけれど、私は普通の糊!(御朱印帳より大きいサイズのものは余白を切って貼れるサイズに!)

蛇腹タイプの御朱印帳の場合、書き置き専用と決めてしまわない限り 裏面は使えないと割り切ろう!どうしても裏写りしてしまうので。

御朱印帳のタイプ

  • 蛇腹タイプ(主流)集まったときが華やか!
  • 両開きタイプ(レア)表裏がないのでたくさん集められる
  • ノートタイプ(使ったことがない理由:順番にこだわってるので、突然の見開きサイズの御朱印に対応しづらい)

御朱印のタイプ

  • 通常御朱印(通年同じデザイン)
  • 特別御朱印(期間限定デザイン/月替りや季節替わり)
  • 片面(1ページ分)

1ページ分の御朱印や

2ページ分の見開き御朱印がある

 

シンプルな1枚にするか

全種類をお願いするか

選りすぐりの1種類にするか

悩みどころ

 

境内社の御朱印を書いてくれたり、

神社を複数兼務している宮司さんは

兼務の神社の御朱印を書いてくれたり

 

初めは御朱印帳を埋めていくのが楽しみ!

 

モラルのもと、参拝の証を集めよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました